ワゴンRのMC系にはスピーカーが2個しかついてません。
しかも10cmの貧弱なスピーカーです。
この10cmのスピーカーはすでに社外に交換してるんですが、それでも貧弱です。(当然か)

そこで、リアに600Wのウーハーを装着して重低音を出そうと企みました。
ウーハーだけでは重低音は鳴りませんので今回はアンプの接続を掲載してみます。

 

 

 

 

 

まず、センターパネルを外します。

 

 

 

オーディオデッキをネジ4本を外して取ります。
そしてリモート線とRCAケーブル(赤と白)を探します。

 

 

 

今回のアンプの配線の為に、上記の物を交換しました。
左から+電源線8sq(40Aのヒューズ付き)、RCAケーブル(4m)、リモート線用のケーブル(2sq)

 

 

 

+の電源線をバッテリーに接続し、車内に引き込みます。

 

 

 

 

オーディオーにRSAケーブルとリモート線を接続し+電源と一緒にリアに配線します。
なるべく目立たないルートに線を隠しました。

 

 

 

RCAケーブル(赤と白、リモート線、+電源線をアンプに接続しGNDの所にはボディーアースへ落とします。
ちなみにアンプはアルパイン V12 MRV-T304です。オークションで3000円くらいで購入。
小型のアンプですがブリッヂ接続にして最高パワーを出してます。 軽自動車にはこのくらいのアンプで十分です。

 

 

 

 

ウーハーはアゼストの600Wウーハーです。 近くにカー用品店で中古で8000円でした。

 

 

 

あとは、アンプの設定をして、ちゃんと鳴るか試験して終了です。
結果は・・・・ かなりの重低音です。 軽自動車は車内があまり広くないのでウーハーの音圧がモロに解ります。
高音はフロント2個のスピーカー、 低音はリアのウーハーと分かれてて良い感じです。

 

 

 

今回、アンプを付けるにあたって、3年間交換してなかったバッテリーを交換しました。
買ったのは下記のバッテリーです。

品名:G&Yuシールドバッテリー SMF44B19R
スペック:5時間率容量33Ah CCA360、
サイズ:高さ226mm 幅128mm 長さ187mm 重量10.20(kg)

純正よりも少しだけ容量の多いバッテリーですがサイズは一緒です。
密閉式のメンテナンスフリーで残量が色で解る優れものです。

 

 

 

 

 

 

ワゴンRのTOPへ戻る